PEOPLE

NAME: Kazuko Danno 團野和子 中途入社 2001年入社総務部経理課 課長

「事務的にしてはいけない」と教わり、
積極的に新しい提案をするようになりました。

試算表の作成及び確認をし、売上や人件費、経費等の確認、原価率、利益率が適正かを調べることが主な仕事です。最近では子会社のJ.B.台湾の試算表も確認させていただく機会ができ、やりがいを感じています。各店舗の収支を調べ、経費がかかり過ぎていないかなど、前年と比較し気づいたことはその都度、上司や現場の方に報告、確認をしています。最近では、税理士の先生との面談に同席させていただくこともあり、経営についてのお話が伺えることはとても刺激的ですね。

私は事務処理の仕事が多いですが、ただの処理にならないようにしています。効率性を上げるべく、常に頭の中で想像を膨らませています。例えば、昔ながらの紙のタイムカードをやめて静脈認証で勤怠管理を行うシステムを導入して、給与計算の時間短縮に繋げたり、紙の給与明細を廃止してweb明細を導入することで費用を削減したり。費用対効果が良くなったと実感できた時、非常に喜びを感じます。

数年前、一気に店舗が増えた時は特に大変でした。会社にとっては当然、嬉しいことなのですが、事務処理が一向に追いつかなかったのです。しばらくして段々と要領も掴めてきて、今はその辛かった時より倍近く店舗数が増えていますが、総務部のメンバーも増え、助け合いながら業務を処理しています。

入社のきっかけは、自分の好きな職種であったということと、募集要項に未経験でも歓迎と書かれていたことです。入社した当時、社長に「事務は事務的にしてはいけない」ということを教わり、それ以降、現状をより良くするための提案をするようになりました。J.B.はまだ成長の途中で、体制が整っていない部分もあると思いますが、私はそこが魅力だと思っています。「もっとこうした方が良い!」と思うことを誰もが実現できるチャンスを持っているのです。興味のあることに対しても前向きにサポートしてもらえる、「失敗してもいいからやってみる」という社風ですので、仕事の幅はどんどん広がっていきます。

経歴

  • 2001年入社総務部経理課 課長

(2016年9月時点)