PEOPLE

NAME: Masafumi Matsumura 松村雅史 中途入社 1999年入社営業部 店舗開発部長

辛さも社員がまた一丸となる
パワーに変わるのです。

私は店舗開発を担当しています。仕事内容を簡単に言うと、出店先候補が環境、条件面においてメリットがあるのかを探り、各ブランドの出店を導くことが仕事です。出店先は路面店と商業施設の2つに大きく分けられます。よい場所には当然、多くの競合がいるため、綿密に情報収集と調査をし、競合を上回るために自社ブランドの魅力を伝え、先方から求められていることを理解する必要があります。
出店まで至るのにも当然、苦労はありますが、そこからももちろん重要です。しっかりと立地に合った運営できているかなどを小まめに打ち合わせし、問題点があればちゃんとトラブルシューティングをする。永続的に運営ができるよう、常に改善を模索し続けています。

営業という仕事は人とお会いし、話をすることが多いので、人との出会いは大切にしています。はじめての人と出会った時は、笑顔を心がけ、話し方に気を配り、相手の気持ちや考え方を尊重します。そのようにして徐々に信頼関係を築いていかなければなりません。

出店当初に考えていた成果が得られるとやはり嬉しいです。それはつまり、我々のブランドを、先方先やお客様に喜んで頂けた証拠だとも言えます。ただ、永続的に運営をしていくというは難しく、余儀なくされることもあります。その辛さをバネに社内スタッフと一丸となり頑張っているのです。

入社のきっかけは求人情報誌です。J.B.の社風は光の見えることにはどんどん挑戦させてもらえる、自分の可能性を高めることのできるものだと感じています。現在の開発業務もそうですが、自分を持っている能力、経験以上の職務に挑戦させてもらうことが多いですね。新しい経験をさせて頂いたことで自分の能力、可能性が高まってきたと感じています。

経歴

  • 1999年入社営業部 店舗開発部長

(2016年9月時点)