PEOPLE

NAME: Akane Mizokoshi 溝越茜 中途入社 2011年入社総務部 貿易課

真剣に私の指導に取り組んでくれた
上司がいたからこそ、今の私がいます。

私は、日本人の夫との結婚を機に台湾から来日しました。ただ、そのまま主婦になるという考えはなく、新しい国で生活するからこそ外に出て、日本の社会で働き、色んな方と出会い、様々な刺激を受けたいと考えていました。台湾の大学では、日本語と英語を専攻していたので、語学を活かせる会社で働きたいと思っていました。その矢先に、経験不問の貿易事務(中国語を母語とする人)の求人票をJ.B.が出しているのを見つけたのです。私には、貿易に関する実務経験が全くなかったのですが、チャレンジングな仕事だと思い、応募しました。

私が入社した当時、J.B.の事務所は天王寺にありました。面接の日、事務所に入った瞬間、目に入ってきたのはたくさんの女性が働く姿。来日前、日本のドラマの中で見た男性主体のオフィスの様子とは真逆で、非常に印象深かったのを覚えています。すぐ、「この会社に入りたい!」という気持ちが高まりましたね。

未経験の私を採用してくださった光岡社長と、業務を一から教えてくださった上司には、感謝の気持ちでいっぱいです。考え方で衝突することも多々ありました。しかし、辛抱強く、私とコミュニケーションを取ってくださったのです。教えていただけたのは、業務に関することだけではありませんでした。日本人ならではの「おもてなし」も学ば差せていただいたお蔭で、海外のお取引先様とやり取りをした時、「感動した!」「ご丁寧な対応にとても感謝しています!」等々、嬉しいお言葉を頂きました。

入社から、まもなく5年が経ちますが、全く知らない世界に飛び込んで、様々な方々と出会えたからこそ、今の私がいます。ここまで成長させてくれたJ.B.には、経営理念である「感激・感謝・感動」の気持ちを強く抱いています。

J.B.はアットホームな社風で、オフィスに堅苦しさはなく、社員の方、全員が気さくで、共に仲良く仕事をすることが出来ます。そして、事務系の仕事をしている私でもファッションの先端にいられるというのも喜びのひとつです。

経歴

  • 2011年入社総務部 貿易課

(2016年9月時点)