PEOPLE

NAME: Yuki Tomiyama 富山由貴 中途入社 2012年入社企画室 チーフデザイナー

J.B.に入りたい!と
ワクワクした気持ちは今も忘れません。

私はチーフデザイナーと言う役職についております。仕事内容は様々ですが商品の企画・デザインが中心です。デザイナーは商品をイメージして、それを形にするところまでしか関わる事が出来ません。しかし本社勤務故に、その商品をどう展開していくべきか考えて下さる他部署の方々との距離が近いため、色々な方の協力によってお客様の手に渡っていくのだということを実感しております。私たちが作ったものがさらに可愛く見えるよう写真を撮って下さったり、綺麗に見えるようお店のディスプレイに拘って頂いたり。J.B.に関わる全ての方の力で、アイテムは生かされているのです。

デザイナーとして一番大切にしていることは、自分が胸を張って可愛いと思えるものを作ることです。そのために提出期限ぎりぎりまで、資料を集め、市場調査をし、ヒント探しを妥協なく続けます。素敵なもの、可愛いものは無限にあると思うのです。それを可能な限りキャッチしてアイテムに落とし込む、そんな素晴らしい仕事を下さったJ.B.には感謝の気持ちでいっぱいです。

私は昔からデザイナーになることが夢でした。J.B.に勤める以前、私は服飾の専門学校を卒業後、アパレルの販売員として約6年間働いていました。店頭でお客様に大好きな洋服を販売することは天職だと言えるほどに楽しかったのですが、やはり夢を叶えたいと想いがずっとあったのです。大好きな「RANDA」のデザイナーの求人を見つけた時、絶対にチャレンジしたい!とワクワクした気持ちは今でも忘れません。

J.B.は上司との距離も近くいつも活気があります。企画室では、室長がどんな時でもいつも笑顔で接してくださるので、いつも前向きな気持ちになります。上司と部下、同僚同士がお互いに信頼し合っているので、真剣に仕事に取り組み、自分の仕事、職場に誇りを持つことができるのだと思います。

経歴

  • 2012年入社企画室 チーフデザイナー

(2016年9月時点)